投稿記事上一括

読書感想文

米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』/ちぃろの読書感想文

更新日:

独り占めしたい“おもしろさ”

米澤穂信(よねざわほのぶ)の小説は読んだことがなかったのだが、ミステリ好きの友人が「おもしろい」と言っていたので読んでみた。

マジでおもしろかった。

読後感がなんとも言えず静かで、この気持ちはそっと心にしまっておきたいと思った。
誰に見せびらかすこともなく、ひとりでそっと抱きしめておきたい“おもしろさ”に出会ったのは久しぶりだった。

本当はこのまま独り占めしていたいのだが、私がこの本と出会うきっかけを与えてくれた友人に倣って、頑張って感想文としてまとめてみる。

ざっくりとしたあらすじ

『儚い羊たちの祝宴』は、良家の子女や良家に仕える少女たちの儚さと執着を描いた、“ラスト一行の衝撃”に徹底的にこだわった連作短編ミステリー集である。

…毎回思うのだが、このざっくりさであらすじと言えるのか?

静かで確かな成長

『儚い羊たちの祝宴』の主人公は、20歳になるかならないかの少女ばかりである。
良家の子女であったり、良家に仕える使用人であったり、妾腹の子であったり、立場は違えど全員が思春期の少女たちだ。

彼女たちはそれぞれの境遇の中で、それぞれの成長を遂げていく。
“愛情”や“執着”を隠し持ち、“冷酷さ”や“残酷さ”を静かに育んでいく。

次のページへ >

336

336

-, 読書感想文
-, , , , , ,

Copyright© mugazine , 2017 All Rights Reserved.