【読書でスマートボディに!】ワンダーコアスマートの効果的な使い方!

そして、座椅子として座ってしまったらこっちのものです。あとはもう倒れるだけ!!!


CMのアレ的な。でもあの勢いで倒れてはダメです。5秒かけてゆっくりと倒れ、5秒かけてゆっくりと起きてください。テレビ見ながらとか読書しながらとか最適!

そして腹筋を鍛えすぎて疲れたなと思ったら、座椅子スタイルをやめ、背もたれのクッションをつかみ、上腕二頭筋を鍛え始めてください。

フォーアーム&バイセップです。なにこれ軽いじゃないのと思ったら体重をかけてる可能性があるので、体重をかけずに腕の力だけでやってみてください。

さらに上腕二頭筋も疲れてきたら、クッションに足を乗せ、シザーキックです。

ワンダーコアスマートフル活用です。筋肉もフル活用。わたくしこれがきついです。太ももの筋肉がよわよわなんだと思います。すぐ疲れます。

…こんなふうにあれこれやってると意外と時間が経過しています。(まだまだ他にもワークあります)座椅子フォーム終わってからは読書すらできない状態ですが。この方法でやると、読書しながら腹筋している間に筋トレスイッチが入ってくるので、読書~筋トレにスムーズに移行できるのではないかと思います。

まとめ

こんなふうに、ながら筋トレでもやらないよりは相当変わります。ワンダーコアスマートに限らずですが、収納できるタイプの器具でも収納しないことをオススメします。日常に筋トレを。筋トレを日常に。

といいつつ、毎日やってたわけでもありません。お相撲のある時は観ながらやってますが、それ以外は気まぐれにやっててこれです。なので1日何分とか決めてもいないですし、とにかくそこにあるので目について思い出したらやる程度でした。

お写真がんばって掲載してみたけど、これ以上大きくする勇気はありませんでした。もっと鍛え上げたらもう少し大きいサイズでアップします。ビフォーアフター(左→右)です。小さいのでわかりづらいですが、よく見ると全然違います。特に下腹部。あとあばらが見えるようになりました。全体的にしまった分、くびれはなくなった気がします。女性の柔らかさを大切にするのであればやりすぎないことをオススメいたします。