【スノボ】新宿でも滑るほど!こんなにスノボジャンキーになるとは…

スノボ(ガリガリ練習)シーズン終了!

昨年12月24日、43歳スポーツ歴ほぼゼロのわたくしがはるじの写真や動画撮りたさにスノボデビューしました。

3月31日でずっと通っていたたいらスキー場の通常営業は終了しましたが、最初に行っていたタカンボーと合わせると33回練習することができました。練習ほとんど出来なかったけどプラス1回ゲレンデに行ったのもカウントすると34回滑りに行ったことになります。

デビューから3月31日まで98日なので、3日に一回のペースで行き続けたことになります。来シーズンはもっと行きたいです。

とはいえまだ終わってないですけどね!

ホームのたいらが通常営業終了したのでひとまず締めくくる気持ちで30回目から33回目までと今シーズンを振り返ります。

東京出張で8日ぶり!な30回目

  • 8日ぶり!
  • 背中のアレに気づいてはるじを驚かせた
  • はるじの秘密を聞いた
  • いろいろ挑戦(暴走)した
  • むしすけ(α6400)で写真を撮った

まさかわたくしにCMの美術のお仕事が舞い込んでくるとは…という驚きの東京出張でした。とても楽しかったです。が、その間滑れなかったので帰ってきた翌日むさぼるように滑りましたけどね(暴走)。

といいますか、新宿を歩いてても上北沢にいても目黒にいても、脳内では滑ってました。まっすぐ歩いてるときは直滑降してるし、曲がるときはターンしてるんです。山崎まさよしの「One more time one more chance」のいつでも探しているよ〜♪じゃないですが、いつでも滑っているよ〜状態でした。

そんな8日ぶりで、雪に飢えてたのが良かったのか、これまでになく挑戦的な滑りが出来ました。はるじから見ててもわかるほどに久しぶりの雪にヤッピーしていたようです。

あとは胸椎を反らすことの大切さに気づいてはるじを驚かせました。重心を低く保つことを練習しているのですが、エネルギーの流れが滞るし、視界も狭くなるのはなんとかならんもんか…と思っててはるじを見てたら胸椎か!と気づいたわけです。普段意識しない部分でしたが、意識すると案外ぐっと動かせるんですね。

あとはやっとむしすけ(α6400)で写真を撮ることが出来ました。

ひたすらフェイキー!な31回目

  • とにかくフェイキーの練習
  • くるくるターン

30回目の動画を見ていて、自分の左腕が置いてけぼりなことがどうにも気になって。といいますか、これまでもずっと気にはなっていたし、滑るとき気をつけるようにもしていたのですが、まだそこまで気が回らなかったり。でもこれじゃいかん!ということでどうしたもんかと考えておりましたが、右手は置いてけぼりになってないので、これはフェイキーでも同じくらい滑れるようになれば直るはず!ということで、フェイキーをひたすらやっておりました。

そんなわたくしを見ていたはるじが、スイッチマスターになるためにはるじのオリジナル練習メニュー「くるくるターン」を教えてくれました。このくるくるターンという名前はわたくしが勝手につけました。だって名前ないって言うんだもん。

そしてこちらがわたくしのくるくるターン。

こちらが師匠のくるくるターンになります。

わたくしのはへろっへろですけど、初めてやったにしてはなんとなくやれてるだけでもすごいんですよ!たぶん。

おかげで久しぶりに全身筋肉痛です。

スタンス広げたら世界が広がった!32回目

  • スタンスさらに広げました(57センチ)
  • 板の感触が変わりました
  • 両足への集中力が増しました
  • それぞれの足の独立したトーションの使い方を体感
  • フェイキーでいつものコースの上から下まで滑りました

スタンス広げたらこれまでよりずっと板と雪の感触がわかって、スノボがますます楽しくなりました。これまでで一番楽しかった〜!!

重心を低く保つにあたって、今よりスタンス広い方がいいんじゃないかと思うようになりまして。こないだもう十分の広さですねうんうんって思ってたのに。でもやっぱり広げてみたくてはるじに訴えてたのですが、これまでより広げるとなると一気に4センチも広がるらしく、さすがに渋られてました。

で、角度を12度と-12度から15度と-15度に変えるかという案も出ましたが、とりあえず広げてみてダメそうなら戻せばいいよねということで広げてもらいました。

そして57センチで滑ってみたら…これまでと同じ板で滑ってるのに、違う板みたい!スタンスでこんなにも変わるのかという驚き。

一枚の板に乗っているのにそれぞれの足が独立した感!スケボーからブレイブボードになったような!(ブレイブボード乗ったことないけど)でもそれによってこれまで以上にそれぞれの足の使い方が大切になってきました。足への集中力がすごい。すごく大変なんだろうけど、すごく楽しい!

はるじに見てもらっててもこの広さで大丈夫そうだったので、あとはこのスタンスに慣れるべく滑り倒すことに。

それとあわせて、フェイキー強化したいので広いスタンスでいつものコースの上から下までフェイキーで滑ってみたりも。それでもやりづらさは感じず。57センチいいかも!

ありがとうございました!な33回目

  • 一昨日の筋肉痛がまだ残ってる
  • お天気荒れ荒れリフト止まるったら
  • 稲光ビシャア!!
  • でこぼこでべしゃべしゃなのにがんばった
  • 後ろの手の大切さに気づいた
  • たいら通常営業終了…ありがとうございました!

というわけでお写真は稲光ビシャア!ってなった瞬間。ピンクに照らされるわたくし。

この日はたいらスキー場の通常営業最終日。お天気が悪そうだったので、その前の32回目の日が自分的最終日になるつもりでしたが、やれそうだったので行ってみたらなかなかのお天気でした。

前回の筋肉痛が残っている中、お天気荒れ荒れでリフト止まるほど風は強いわバーンはでこぼこだわべしゃべしゃだわで、最後の最後になかなかのハードコース。とてもいい練習になりました。

おかげで後ろの手(グーフィーのわたくしは左手)の重要さというか使い方がだいぶわかってきました。もちろん、これまでのフェイキーで練習してきたのも活きているとは思いますけど。お山の上から手をひっぱってもらうイメージ。そうすることでブレを抑えるというか安定させる感じ。それをはるじに伝えたら、はるじの「抑える」っていうのと同じかもということでした。

33回の練習を終えて

まだ今シーズン終わってないから総括するには早いけど、正直ここまで滑れるようになるとは思いませんでした。始めるまでは今シーズンのうちにリフトに乗れるようになればいいな、くらいの気持ちでした。実際やってみるとそんなもんじゃ満足出来ず。貪欲なわたくし。体力さえあれば毎日でも行きたいくらい。

だってスノボおもしろいんだもん。

というわけで、これからはペースダウンしますが脳内では引き続き滑り続ける所存であります。