意外と簡単!縁起熊手の作り方☆マイ熊手をつくってみよう!

縁起熊手を自分でつくってみよう!

熊手

家内安全、商売繁昌!!みんな大好き!縁起物がこれでもかというほどにぎゅむぎゅむと詰まった熊手。見ているだけでも元気になります。

酉の市で売られている熊手もいいけど、お部屋にあう熊手が欲しい!もっと自分の祈りにフィットした熊手が欲しい!世界に一つだけの熊手をつくって大切な人に贈りたい…という、普通に出回っている熊手じゃちょっと物足りない方々のために今回は熊手の作り方をご紹介いたします。

ざっくりまとめるとこう!まさかの3ステップ!

  1. 材料を揃える
  2. 組み上げる(土台)
  3. 組み上げる(差物)

でもこれじゃざっくりすぎますので、それぞれ少しずつ説明していきますね。追々詳しい工程をアップできたらと思います。

1.材料を揃える

熊手をつくるために必要な材料はこちらになります。

  • 差物
  • 熊手
  • スポンジや発泡スチロール
  • 銅線(針金でも)
  • 木工用ボンド、グルーガン
  • 竹串、つまようじ
  • ざる、カゴ、リースなど

差物

差物というのは熊手についている縁起物たちのことです。作りたい熊手のイメージに合わせた差物を揃えていきましょう。

一般的には恵比寿大黒、松竹梅、鶴亀、小判などの縁起物が使われますが、お花いっぱいの花熊手や、大好きなキャラクターを詰め込んだキャラ熊手なんかつくるのも楽しいかと思います。

お子さんと一緒に縁起物の絵を描いていくのも楽しくてかわいくておすすめです。

差物は少し厚めの紙に描くか印刷して切っておきます。

熊手

100均にある熊手でも大丈夫ですが、より本格的に作りたい場合は縁起物用に販売されている熊手を使うとそれっぽくなります。

差物や熊手は縁起物竹屋さんで購入するのが一番いいかと思います。個人にも販売してくれています。いろんなアイテムがあるので見ているだけでも楽しめますし、いろんな熊手づくりのアイデアも浮かびます。

こういうセットでつくってみるのも簡単です。10セット入りなのでみんなでわいわいどうぞ。

こんな熊手もあります。かわいい形なので使い勝手がよさそうです。

箸置きの熊手も反っている部分を少し炙って熊手ブローチにするのもかわいいです。

スポンジや発泡スチロール

和紙などで包んだ発泡スチロールが一般的(業界的に)ですが、発泡スチロールはスチロールカッターじゃないと粒々が飛び散って厄介なので、スポンジなんかで代用してもいいかなと思います。

いろんな素材を試した中で一番おすすめはセリアにあるプールスティックです。サイズもちょうどよくて好きなサイズにカットもしやすいし、とても使い勝手が良い上に安くて嬉しいです。

銅線(針金でも)

熊手と箕やザルなどを固定するために使います。グルーガンだと竹との接着には弱いので針金は用意しておきましょう。

銅線は柔らかくて使いやすいですし、錆びにくいので銅線があれば銅線を用意しましょう。ダントツ銅線がおすすめ。

木工用ボンド、グルーガン

土台のスポンジや差物を固定するのに使います。グルーガンだけでも熊手は作れるので木工用ボンドは必須ではありませんが、あると便利です。

大量に使うようになってくるとこちらが安くて便利です。

竹串、つまようじ

差物を熊手に固定するときに使います。熊手のサイズにあわせて長めの竹串も用意しておきましょう。100均でいろんな長さの竹串が揃います。100均ほんと便利。

ざる、カゴ、リースなど

箕が一般的ですが、ここ数年箕の入手が困難になってきました。竹屋さんでも取り扱ってなかったりしますし、Amazonで買えるけど高かったりします。

ざるやカゴ、リースなんかでもなんとなく代用可能です。ざるは普通の熊手屋さんの熊手でも使われています。これまた100均で買えます。

2.組み上げる(土台)

熊手の箕は、熊手で掻き込んだ幸を箕に集めておくという意味合いでつけたそうです。

なので熊手に箕をつけます…といいたいところですが、箕の入手が若干困難なので他のもので代用したいと思います。柄の部分の手前にリースが来るように配置して銅線でとめていきます。