投稿記事上一括

へんてこ

【撮らない】映画のオーディションに見事合格しました!!

投稿日:

デイリーポータルZオーディション裏側の一部をむがじんで!

9月30日、わたくしほりたみわは新宿にいたんです。お昼に一件打ち合わせがあり、その後とあるオーディションへ。とあるといいますか、デイリーポータルZの企画のオーディションだったんですが。

映画の主人公を決めるためのオーディションでした。撮らないけど。

映画のオーディションなんだけど、撮らない映画のオーディション。トルーさんの企画で、「オーディションをやってみたい」ということで架空の映画製作のためのオーディションが開催されたのでした。

お昼の別件の打ち合わせ時にもそのオーディションの話になったのですが、「言っている意味がわからない」という反応でした。わかります。その反応が普通です。その意味が分からないオーディションに行ってきたんです。

オーディション受けることを決めたわたくしは「楽しそう」という理由だけで参加を決意いたしました。映画の大まかな内容が「自衛隊が戦国に」というわたくしの大好きな戦国自衛隊的な内容だったのも、楽しそうポイントがさらに加算されました。何度も言いますが映画撮らないんですけどね。

オーディションを受ける強敵(と書いてともと読む)は3名

テーマが戦国だったからか、自衛隊だったからか、他3名はみんな男性でした。一人はお笑い芸人さん、一人は難しい勉強をされてる方、もう一人はマジックが出来る方…このお三方、トルーさん(北村さん)のお知り合いらしくて、そこに謎のイラストレーターほりたみわときどき熊手芸術家のN山ひげすけ。トルーさん初めましてなのはわたくしだけ。

イキオイだけで来たものの、来ちゃってよかったのかなという気持ちがちょっと出てきました。

差別化を図るものの

架空の映画のオーディションとはいえ、どこまで真剣にやるのか…そもそもどこまで演技ができるのか自分でもわからない中、演技の順番的にたいてい一番になっていた芸人さんがかなりかっ飛ばしてくるので(さすが芸人さんです)、かっ飛びでは勝負できないなと思ったわたくしはあえて低めに攻めていきました。

でもそこでやってみてわかったことは普通っぽい演技をするほうがむしろ難しいということでした。だからといってかっ飛ばしで勝負もできないんですが。低めを攻めると確実にストライクゾーンはずれちゃう…。

そんなこと考えてやっても、映画撮らないんですけどね。

といいいますか、映画撮らないってわかってるのに集まってることがおもしろくて、そこをこらえるのに必死でした。何かあるとひとりでぶっふぉ!と吹いてました。

撮らない映画のオーディションなのに、演技について考えちゃったりしているこの状況がどうにもおもしろくて。

そもそもお芝居の経験なんて皆無でしたが…

オーディションでは渡された台本(というか一枚の紙でしたが)から、いくつかのシチュエーションを演じました。今思えば練習もなく、よくもまあいきなり演じたものです。何の役をやったか記憶がなくなるほど遠い過去に演劇をやったはずですが、それ以外では人生において何かを演じることなんてありませんでした。

そんな状態でのオーディションでしたので、もちろん全然出来てませんでしたが、あまりの声の出なさっぷりにむしろ演劇スイッチ入っちゃったというか、こういうのやってみるのもおもしろいかもと思い始めてきました。

幸か不幸か小道具はばっちり

ちょうどこの日新宿でのパーカー及びプロフィール撮影の予定があって、ついでにお昼の打ち合わせの様子や、なんならオーディションの様子も写真に収める予定だったのですが、カメラマンのおみそが風邪を引いてお休み。

次のページへ >

336

336

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ほりたみわ

ほりたみわ

イラストレーター、漫画家、熊手芸術家。ときどきデザイナー。ときどき企画&プロデュサー。どこにも偏り切れないカラフルな人。

-へんてこ
-, ,

Copyright© mugazine , 2017 All Rights Reserved.