投稿記事上一括

アート イベント ジョルジュ・ルオー

【色好きさん必見!】魂の画家、ジョルジュ・ルオーの展示が10/17~パナソニック汐留ミュージアムで!

更新日:

表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち展」10/17~12/20


魂の画家!といえばわたくし的には日本では須田剋太、海外ではジョルジュ・ルオーなのですが、その魂の画家ジョルジュ・ルオーが10月17日~12月20日、パナソニック汐留ミュージアムで「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち展」が開催されます。

 抽象絵画の創始者ヴァシリー・カンディンスキー(1866-1944)と、20世紀フランス最大の宗教画家ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。本展は、色とかたちを軸として、カンディンスキーを中心とするドイツ表現主義とルオーが共鳴するさまを探る初の試みです。

20世紀の初め、ルオーが重視したパリのサロン・ドートンヌにカンディンスキーが出品を続け、カンディンスキー率いるミュンヘン新芸術家協会の展覧会にルオーが出品するという時期がありました。それぞれがフォーヴィスムとドイツ表現主義の拠点となった展覧会で、互いの運動への関心を深めていたこともうかがえます。また、ドイツ表現主義の画家たちとルオーが共有していた感覚を、彼らの作品の色彩やモティーフに見出すこともできます。やがてカンディンスキーは「内的必然性」に導かれて抽象絵画に至り、彼と交流を深めていたパウル・クレー(1879-1940)も独自の抽象世界を築きます。ルオーもまた、彼の内的必然性に従ってキリスト教の信仰に根差した独自の絵画を追求しました。

本展には、国内有数のカンディンスキーやクレー、ドイツ表現主義絵画のコレクションを誇る宮城県美術館の作品を中心に、パリのルオー財団や国内の美術館などから、油彩画を中心に水彩画、版画、デッサン、書籍など、貴重な作品約130点が出品されます。

(パンフレットより)

カンディンスキーって?

カンディンスキーはロシアの画家で、抽象画家の創始者と言われ…っていう難しい話はおいといて、そもそもパンフレットの作品、左下は抽象じゃないですもんね。真ん中上のにぎやかな色彩もカンディンスキーの作品です。個人的には左下の作品のほうが好きですが。

ここらへんの画像はこれぞカンディンスキー!っていう作品たち。

とにかく色のにぎやかな絵を描く人と覚えておいてください。

ジョルジュ・ルオーって?

ジョルジュ・ルオーはフランスの画家。20世紀最高の宗教画家と言われ…ってまた説明はおいておきます。作品を見て!

とにかく色と線が特徴的で、キリスト教と道化師と売春婦の絵を描く人と覚えておいてください。

あとはそれぞれが受け取って!

今回カンディンスキー、ルオーだけじゃなく、パウル・クレーやガブリエーレ・ミュンター、エーリッヒ・ヘッケルなどの作品も展示されるそうです。いろんな色の世界を楽しみたい方はぜひ。

次のページへ >

336

336

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ほりたみわ

ほりたみわ

イラストレーター、漫画家、熊手芸術家。ときどきデザイナー。ときどき企画&プロデュサー。どこにも偏り切れないカラフルな人。

-アート, イベント, ジョルジュ・ルオー
-, ,

Copyright© mugazine , 2017 All Rights Reserved.