投稿記事上一括

美容・健康

痛くない!熱くない!田中亮先生のやさしい鍼灸治療を受けてみた。

更新日:

これまで受けてきた鍼灸とは全くの別物!

ひきこもり主婦になるべく生まれ、早34年。
これまで私が受けてきた鍼治療は、患部にダイレクトアタックするタイプのもの。
お灸は受けたことがなかったのだが、イメージとしてはこんもり盛られた灸に火を点けじーっと耐えるというもの。

今回、姉・ほりたみわの紹介で治療してもらうことになった〝いんちょーさん〟こと田中亮先生の鍼灸治療は、私がこれまで受けてきた治療とは全くの別物だった。

痛くない!熱くない!はもちろんのこと、ゆったりとやさしい治療に心も身体もふわふわになれたのだ。

大阪に住んでてよかった

いんちょーさんの噂は姉から聞いていた。
大阪で出張治療をしている鍼灸師さんで、数ヶ月前から山梨・東京で鍼灸会を開催しているとにかくすごい人なのだ、と。
そもそも関東での鍼灸会も、姉がいんちょーさんの治療を受けたいが為に人を集めて開催してもらっているのだ。

姉をはじめ関東で鍼灸会に参加した方の感想をブログなどで読んでいると、これは是が非でも治療を受けてみなくては!と思わされた。

幸い私は大阪在住、いんちょーさんのホームグラウンドである。
早速コンタクトを取り、我が家まで出張してもらうことになった。

写真右が〝いんちょーさん〟こと田中亮先生。(撮影:冨田実布)

いざ!8年ぶりの鍼治療へ

10月某日、いんちょーさんが我が家にやってきた。姉のブログなどでお顔は拝見していたが、お会いするのは初めてだ。
私はひきこもりの基本として、人見知りも嗜んでいる。が、いんちょーさんは親しみやすい雰囲気を備えた方で人見知りの私でも気負うことなくお話することが出来た。

まずは軽く世間話をしつつ、問診が始まる。身体の気になる部分や自覚している症状を伝え、簡単な質問に答えていく。

次は布団へ横になり、脈を取ってもらう。
いんちょーさんの治療は、五行にのっとり体の気を整えるというものらしい。(詳しいことは各自でお調べくだせえ)
わかりやすく例えてくれたお話では「枯れた葉をちょん切って終わりにするのではなく、葉を緑に戻しつつまた枯れてしまわないように木全体をケアして対策するイメージ」とのことだった。
治療だけでなく、説明もやさしいのだ。

体を触りつつの脈診が終わると、いよいよ鍼灸が始まる。
冒頭にも書いたが、私がこれまで受けてきた鍼は『凝り固まった筋肉に鍼を刺し、筋肉の緊張を緩める』というダイレクトアタックタイプだ。ぐぐぐっと鍼が刺される感覚もあるし、刺しどころによってはビリビリっと電気が走る感覚もある。

なので、今回もある程度身構えていた。

「鍼やっていきますね」

ん?あれ?刺してる?フェイントかけたの?まだ鍼始まってないの??
始まってます。刺してます。

痛みがないどころか、刺された感覚がない。いんちょーさんの手の感触しかない。思わず「全然違いますね」と言ってしまった。だってほんとに今まで受けた鍼とは全然違うんだもん。

私が今まで受けていたダイレクトアタック鍼とは違い、いんちょーさんの鍼は人体のツボを鍼でチクチクと刺激するのだそうだ。なんなら鍼でなくとも爪楊枝でもできちゃうと言っていた。
鍼を刺す深さは2ミリくらい。だから痛くない。ちょっと痛みを感じたとしても、蚊に刺された瞬間のようなチクっとした痛みだけだった。

次のページへ >

-美容・健康
-, ,

Copyright© mugazine , 2017 All Rights Reserved.