投稿記事上一括

マンガ・アニメ 読書感想文

矢部太郎『大家さんと僕』(新潮社)/ちぃろの読書感想文

更新日:

心からあったかくなろう

急な寒さに身も心もやられがちな今日この頃。
ほんわかじんわりあったかくなれる、一冊の漫画本が発売された。

矢部太郎『大家さんと僕』(新潮社)

矢部太郎(敬称略で失礼します)は、お笑い芸人コンビ〝カラテカ〟のボケ担当。
バラエティ番組なんかで細身の体を生かして、胴上げされたり射出されたりしている、あの矢部太郎だ。

『大家さんと僕』は、そんな矢部太郎が暮らすアパート(元・二世帯住宅)での、大家さんとの近すぎる関係を描いた漫画である。

シンプルながら味わいのある画風と、ゆったりとした雰囲気の中で展開するストーリーは、一度読むとクセになる。
大家さんと矢部太郎の絶妙なやりとりがたまらなくかわいくて、読めば読むほど心があったかくなっていくのだ。

寒い季節に凍える心を、ぜひ『大家さんと僕』であたためていただきたい。

 

かわいい大家さん

『大家さんと僕』に登場する大家さんは、とても上品なおばあさまだ。
87歳というご高齢にも関わらず、身の回りのことは自分できちんとやり、積極的に外出もする、パワフルな女性である。

あまり書くとネタバレになってしまうので細かい説明はしないでおくが、本当にかわいい。
大家さんのファンにならない人なんてこの世に存在しないんじゃないか、っていうくらいかわいい。めちゃくちゃかわいい。
かと思いきや、毒を吐いたり、冷静なツッコミをしたり、年の功を感じさせる一面もある。

ギャップ萌えってやつですよ、ダンナ。

 

かわいい矢部太郎

そんな大家さんに負けず劣らず、著者である矢部太郎もかわいい。

次のページへ >

336

336

-マンガ・アニメ, , 読書感想文
-, , , ,

Copyright© mugazine , 2017 All Rights Reserved.