不倫をしたのは寂しかったからじゃない(1)はるじのいとこじゅん

はるじのいとこ、じゅん。

ずっと「じゅん」には会ったことがないまま、はるじからいつも「じゅん」のいろんな話を聞いていた。どんな話だったかはイマイチ思い出せないけど。

「じゅん」は瓦屋さんをやっていて、そのきっかけをつくったのははるじだったってことと、はるじが「じゅん」の話をするときはいつも嬉しそうだったことだけは覚えてる。

はるじと一緒に暮らすようになってから、ランデブーだったりゲレンデだったりではるじのいろんなお友達に会った。

学生時代からのお友達や、スノボ時代のお友達。みんないろんなはるじを知っていて、はるじがやんちゃしてたことやスノボでの滑りのすごさ。みんなは自分の自慢話のように聞かせてくれた。

いろんな人に会ったけど、はるじがいつも話してくれていた「じゅん」には会ったことがなかった。

「じゅん」と会った日のこと

コロナ禍でもまだ比較的普通に営業していた2020年3月末。

わたくしチーママ業はお休みの日、カウンターに座ってイラストのお仕事をしていた。

お客さんのいない店内。何時ごろだったか……仕事の集中力も切れかけた頃、店の扉が開いた。

「おおお!」はるじのテンションが上がった。いつものいらっしゃいませとは違うはるじ。

はるじが紹介してくれた。「みわ、いとこのじゅん」

!!!

それは、はるじからずっと話を聞いていた「じゅん」だった。

「じゅん」はなんだか少しもじもじとしながらカウンターに座った。

富山県に引っ越してきて1年9ヶ月。やっと「じゅん」に会えた。

はるじとじゅん

いつもはるじから話を聞いていて、ずっと会ってみたいと思ってた「じゅん」に会えたというのに、その日のことはあんまり覚えてない。

お店に置いてある「誕生日大全」という占いの本の4月3日のページを読んで聞かせたりしていたらしい。後からじゅんが話をしてくれてなんとなく思い出した。

じゅんははるじと歳は違うけど誕生日が一緒だったり、はるじと一緒にスノボを始めたり(スノボ歴30年超!)、はるじが始めた屋根のお仕事に誘い込まれたり、何かとはるじとの共通点が多い。

でも髪の毛は違った。はるじは年上だけどふさふさ。じゅんはハゲだった。

そして屈託のない笑顔。小学生がそのまま大きくなったみたいな。大人の包容力いっぱいのはるじとは全然違う笑い方。おひさまみたいな人だなって思った。

はるじとじゅんと3人で会ったのはその日が最初で最後になった。(つづく)

スポンサーリンク
ABOUT US
ほりたみわ
クリエイター(イラスト、漫画、熊手、ヒーリング、瓦職人) チーママをやっていたスナックランデブーは閉店しました。ときどき企画&プロデュサー。どこにも偏り切れないカラフルな人。