【民スタ】年末年始は民芸品カードバトル!!「民芸スタジアム」で決まりでしょ!

おじいちゃんもおばあちゃんも。おとうさんもおかあさんも。ぼくもわたしも楽しめる民芸スタジアム。

年末ですね。大掃除は終わりましたか?お飾りも飾りましたか?お正月の準備はばっちりですか?

民芸スタジアムは持ってますか?持ってなかったらお正月さん来てくれないかもしれませんよ。

あれば年末年始は民スタ三昧!!

「三昧(サマーディ)」とは瞑想で精神集中が深まりきった状態のことを言いますが、民スタでぜひサマーディの境地に到達して頂ければ幸いです。(インド的小ネタすみません)

民芸スタジアムというのは、一言でいうと「民芸品のカードゲーム」です。うん。端的。

民芸品だからその土地の人の愛と祈りが詰まってます。縁起物もあります。そんな民芸品がぎゅっと詰まったカードゲームですよ!

民芸品大好きなおじいちゃんおばあちゃん、郷土を愛するおとうさんおかあさん、ゲーム大好きなぼくもわたしも、みんなが楽しめます。

そんな素晴らしいカードゲーム、年末年始遊ばなくていつ遊ぶの!?いつでも遊べます。わたくしいつでも遊んでます。

が、普段遊んでない方も年末年始はぜひ民スタで遊んでいただければ幸いです。

初心者からマスターまで楽しめる民スタ

カードゲームっていうとカードいっぱい買い揃えて、デッキを組んで…みたいなイメージがありますよね。マイアースっていうカードゲームも楽しかったんだけど、そこが面倒なのとユーザーが身近にいないという理由からフェードアウトしました。

ところが民スタは47枚のカードの中からトランプ的に配布されるので、前もってデッキを作る必要がないのです。初めて遊ぶ人でもほぼ同じスタートラインから始められるのが嬉しいですよね。

「ほぼ」なのは、カードの内容把握してるほうがさすがに有利なので。とはいえ、あれ覚えるのなかなか大変かと。でもマスターは全部覚えてるのかしらね。マスターだもんね。

でもそんなむちゃくちゃ強い人に対しても集中攻撃しちゃえば倒したりもできるのが民スタの楽しいところ。

妖怪DJ高梵をおみそと二人で倒したときのお写真。

というわけで第1回チャンピオンシップで準優勝した妖怪DJ高梵(たかぼん)をおみそと集中攻撃してわたくしが勝ちました。強い人とて、弱い人二人に負けちゃうこともあるんです。ふふふ。

メケヤマさんと挑んだけど勝敗はお預けに。

さらに言うと高梵は第2回チャンピオンシップで優勝した民スタマスター!優勝した後にカードゲーム好きなメケヤマさんと二人で勝負を挑みましたが、途中で急な来客があり、天によって勝敗はお預けに。

そんなふうに、強い人に対して弱い人が集中攻撃すれば強い人を落とせたりもするし、サイコロ運が影響したりもするので、とにかくみんなで楽しめます!!

とはいえ、プレイ人数は2~4人なので、人数多いときはチーム戦にするとか、民スタもう一個買うとかしてご対応ください。

民芸スタジアムとは

で、そもそも民スタって何なのよってお話ですよね。ご説明します。公式からコピペです。