投稿記事上一括

張子

やさしい張子の作り方(0) 型作りから完成までのおおまかな流れ

更新日:

N山ひげすけ式張子の作り方

張子!と言いましても日本全国、いえ、国外でも作られておりまして、その作り方は基本的には同じですが、細かな部分ではさまざまです。

それぞれの土地でそれぞれの作り方になっているので、いろんな方法があるのですが、ここでは比較的現代風にアレンジされた作り方をお伝えしていきます。

あ。みなさまはじめまして。わたくし、熊手芸術家のN山ひげすけと申します。張子初心者だったわたくしが独学ではありますが、今では販売できるまでの張子を作れるようになりました。

というわけで、ここを読めば初心者さんでも作れるよう、張子の作り方についてお話させて頂きます。よろしくお願いいたします。

今回は型作りから完成までのおおまかな流れです。それぞれの工程の細かなお話はまたあらためて。

1.型作り


まずは張子の元となる型を粘土で作ります。型を作る時に気をつけるポイントとしては「形をがんばりすぎない」ということです。というのも、紙を張ったり、型から抜いたりの難易度が高くなってしまうからです。細かくするのは慣れてきてからがおすすめです。

今回の写真では「インコちゃん」という鳥型のものを作っています。奥は人型だったり、鯛のベースだったりしています。使用した粘土は「ヤコのオーブン陶土」というもので、オーブンで焼成できる粘土です。

 

↓↓ より詳しい内容はこちらから ↓↓

やさしい張子の作り方(1) 型作り

前回からの続き。 張子の型作り 意外と張子の作り方好評でした。ありがとうございます。今回からはそれぞれの工程をより詳しくお伝えしていきます。まずは型作りから。 今日のお話はこんな感じ。 粘土なんでもい ...

続きを見る

2.型に紙をはる


1の型とは別の型ですがそこはお気になさらず。型に張子紙をはっていきます。張子紙というのはその名の通り、張子用の紙なのですが、入手は若干困難です。ない場合は書道教室で使用済みの半紙をもらってくるのもありかと思います。

新聞紙で作ることも可能ですが、その際はきちんと糊付けをしながらはっていきましょう。


張子紙で全体をぐるりできたら、半紙を何度かはっていきます。ある程度はれたら乾かします。

 

次のページへ >

336

336

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
N山ひげすけ

N山ひげすけ

カラフルな熊手をつくっています。ご注文いただいた方のためにおつくりするスタイルなのでいつでも世界に一本の熊手です。

-張子
-, ,

Copyright© mugazine , 2017 All Rights Reserved.