【感動する桃太郎】MOMOTARO番外公演 桃太郎俳優神木優 vs 脚本演出家・菅野臣太朗 ~一人芝居90分一本勝負~ …vs 観客

感動する桃太郎「PEACH FOR ALL ALL FOR PEACH」

最近感動してますか?わたくしまさについさっき感動しました。桃太郎で。えぇ、桃太郎で感動しました。桃太郎俳優、神木優くんのMOMOTARO番外公演でたった今感動してきました。

桃太郎で泣くとは思いませんでした。撮影もしていたので涙はどうにか堪えましたが。最後…思い出して泣けるほど。

90分一本勝負


神木優くんの一人芝居です。しかも今回は一人21役22役でした。90分ノンストップなんです。ずっと舞台。90分一人芝居ですよ。動いて話して動いて話して…の90分。

いやこれまさに90分一本勝負。神木優くんと菅野臣太朗さん…と観客も。観客ものんびりなんて観ていられないです。真剣勝負。

あらすじ説明する前に、パンフレットに書かれていた菅野さんと神木くんのメッセージをご紹介させてください。

演劇と知り合って28年。
いろんな脚本を書き、演出して来た。
上演台本は300本以上ある。
たくさんのキャストとスタッフにも出逢った。
様々な劇場で演劇を上演し、
数え切れないほどのお客さんに観劇してもらった。
演劇に救われた人生。
だから演劇に恩返ししたい。
そして、演劇で日本を元気にしたい。

そんな僕ですが、
これからアナタに観て頂く演劇は、
僕の演劇人生で、
「最高にバカバカしくて、最高に下らなくて、でも最高にかっちょいい演劇」
です。

あと。
神木優が、こんなに汗かいてる姿は滅多に見られないと思うので、そこら辺もお楽しみに。

んじゃ。

脚本・演出 菅野臣太朗

菅野さんってどなた?とお思いのあなたに。(恥ずかしながら私も詳しくなく)

菅野臣太さんはアニメやつんく♂さんの舞台やコンサートの構成や演出、脚本などを手がけている方。

臣太朗さんが言いました。
「演劇はスポーツだ」

え?

そう思ってるみなさま、これから目の前で答えが出ます。
演劇がスポーツだということが。

演劇でこんなに汗が出るのか、こんなに息が切れるのか、こんなに喉が乾くのか。
この90分間、僕は日本で一番汗をかきます。
今日は、そんなスポーツです。