【ひげつぶ】ポリアモリーから愛について考え出したらわからなくなった話

ひげすけのつぶやき。略してひげつぶ。ひまつぶしにどうぞ。

ポリアモリー…?

ポリアモリー

ぽりあもりーという言葉を聞いたことがありますか?わたくし過去に耳にした…いや、目にしましたがそんなこと忘れてました。

ちょっとややこしいモノポリーみたいなひびきのそれは、複数の人とそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいうらしいです。

だとしたら、はるじと一緒に暮らしながらメケヤマさんとの関係も距離ははなれたけどこれまでと変わらずな今の状況ってそれなのかな…と言いますか、よくよく考えたら今に限らずなんかずっとそんな人生を歩んできてるような気がしてきました。

はるじとメケヤマさんもそうだけど、それぞれにそれぞれのことも伝えてあるし、みんなで会ったりもするし。でもそれって性愛というより男の友情的(自分もふくめて)な感覚が近い気がするんですよね。ポリアモリーよくわからん。

というかみんな同じだけ好き

なんていえばいいのか、わたくし彼氏云々とかじゃなくたぶん全生類(人類ですらない括り)みんなのこと同じだけ好き。道端のかえるや転がっている空き瓶とはるじは同じなんですかって聞かれそうだけど同じです。でもかえるや空き瓶とはそんなに長い時を過ごしてないしよく知らないから愛着の度合いも違いますが。同じだけ過ごしてたりして見つめてたら同じだけ好きになるんじゃないかと。

それってみんなそうなんじゃないの?って思ってるけどどうなのかしら。そんなことないの?

でも今ははるじと一緒にいる

で、じゃあなんで今はるじと一緒に住んでるんですかって聞かれたらこれっていう理由があるわけじゃないんだけど、強いて言うなら「今はそれが一番いいと思っているから」という感じでしょうか。「かたわれだから」じゃないんです。

わたくしが子供の頃からこれまで、ずっと好きだったことやりたかったことあれこれ、はるじはずっとやってきてたんです。そんなはるじと一緒にいられることで新しいことを知る喜びを感じていられるし、尊敬できるから今一緒にいるんです。

もちろんメケヤマさんのことも尊敬してます。そして愛してるからこそ離れて暮らすことを選択したんです。といいますか、言葉を超越してて「愛してる」っていう表現も当てはまらないような気もしますが。

はるじのことも「愛してる」じゃないし。ああもう!言葉は限界を作るよね。

人は常に条件的に一番いい状況を選択している

あれこれ愛について語りましたが、言葉というもののせいで語れば語るほど伝えたいことが狭くなっていきます。

ただ、愛とか好きとか嫌いとか呼び方っていろいろありますが、結局のところ「人は常にその状況の中で一番(自分にとって都合の)いい選択をしている」んだなあと。どんな状況かは人それぞれかもしれないけど、その中で本人が一番いいと思うことを選択し続けて今があるんですよね。喜怒哀楽すべて。

いろんなかたちはあれど、全部自分の選択なんだもん。その中から「愛」とか「好き」とか「嫌い」とか「嬉しい」とか「悲しい」ってラベル付けてるけどもともと全部一緒よね。どう受け取ったかっていうだけ。

なんてこと言い出すと「愛」ってなんなのよってなってくるよね。慈しみと愛しみ(どっちもいつくしみと読みます)の違いって何?みたいな。いろんな言葉について考えれば考えるほどわからなくなってきてしまいます。

だってこれたぶんかみさまにしか本当の答えはわからないし、わかった時には解脱してると思うから。ただ、今うっすらとわかることとしては慈しみと愛しみどころじゃなく、良いも悪いもヤッピーもうんこも全部同じなんだなってこと。(うんこも)

おわりに

まとまらないまま勝手に終わります。あれこれ考えてたら散らかりました。でもそのまま置いておきます。

この時の自分はこう思っていたんだなあと後から思うことでしょう。

スポンサーリンク
ABOUT US
ほりたみわ
クリエイター(イラスト、漫画、熊手、ヒーリング、瓦職人) チーママをやっていたスナックランデブーは閉店しました。ときどき企画&プロデュサー。どこにも偏り切れないカラフルな人。