ツインレイ?トリプルレイ?メケヤマさんとはるじとわたくし

メケヤマさんとはるじとわたくしの空気のような関係

トリプルレイ

3人で初めて会った大怪店。一番奥は店主の高梵。

散々ツインレイヤッピーなお話書いてきましたが、ツインレイじゃないかもしれません。いや、ツインレイではあるんだろうけど。ツインレイどころじゃなかったというか。

いつだかFacebookで「トリプルレイ」なんて単語が飛び出して、そんなものあるの?なんて思ってたのですが、調べてみたらどうやらあるみたいで。

でもトリプルレイについて詳しく読んでないし、読んだところでそれであるとかそうじゃないとかの確証なんてありそうでないし、はるじとメケヤマさんと3人でそう思ったんだからそういうことにしておきたいと思います。そのほうが合点がいくし。

トリプルレイとかトリプルソウルとか(よくわかりません)

どうやらトリプルレイとかトリプルソウルとかあるらしいんですが、違いはわかりません。気になる人は調べて!(丸投げ)だって、そのあたりのブログとかざざっと読んでみたけど、まあよくわからないったら!

とにかくトリプルレイには目的があるらしいです。それに関しては表向きと裏向きっていうとアレだけど、われわれ3人にはなすべきことがある自覚はあります。3人じゃないとできない。

それがそうなのかどうなのかもわかりませんが、読んでトリプルレイというものがあるということはわかりました。

それにそもそもツインとかトリプルとかがあるとか言い出したら人類皆兄弟ですよねみたいなところまでいっちゃうと思うんですけどね。考えれば考えるほどわかんなくなっちゃう。

以前、トリプルレイとか全然わからない頃に「3人はソウルメイトだよね」って思える関係になれる人がいました。メケヤマさんとわたくしとあともう一人。その時のシンクロも本当に不思議でこりゃただの仲良しじゃないなっていう感覚。この上なくソウルメイト。でもその3人の関係はふわっと終わってしまいました。まあソウルメイトだからって一生一緒にいるもんでもないだろうし。当時はメケヤマさんとふたりしてショックでしたが、今思うとそれはそれでよかったというか。

そしてあの時のシンクロは興奮気味だったというか高揚感があったんだけど、はるじとメケヤマさんとの3人はその時とは全然違う。穏やかですらないというか。空気みたいな。

はるじとメケヤマさんとの関係

はるじとメケヤマさんは会う前からわたくしが情報開示しまくってたからお互いのことだいぶ知ってたのもあってか、初めて3人で会った時も初めまして感ない。

それどころか、はるじは「初めまして感なかったし、メケジ(はるじはメケヤマさんのことをメケジって呼ぶの)には友情っていうより愛情に近いものを感じる」って言ってたし。

メケヤマさんは「会う前は、ハルジに嫌悪感を抱くかなと思ったが、会ったら親近感しかなかったね」って言ってたし。わたくしが思っていた以上に初めまして感なかったやつ。

3人でいるときの空気がなんともなさすぎというか、穏やかで揺るぎないものがあるっていうか、どう表現したらいいのかわからないけど、無駄なエネルギーがないっていうのかな。不要に燃え上がりもしない。

トリプルレイとかあるんだって〜ってなった時も「それかもね」みたいなテンション。「うおお!それじゃーん!!」とかじゃないの。なんだか不思議なんだけど不思議ですらないというか。んもう表現できませぬ。

3人でいることの不思議

はるじと一緒に暮らすようになって5ヶ月ちょっと。最初の頃はかたわれ(ツインレイ)なんていうものに出会ったことはなかったから、いろんな不思議な出来事にはいちいちびっくりしたけど、最近はその頃より不思議な事が起きててもそのものに向き合うだけに。

メケヤマさんとは距離的な部分においては離れて暮らしてるけど、一緒にいた時よりも近くに感じるの。これってお互いの関係が本当に深まったからこそなんだなって思った。だってなんだかいつでも一緒。

たぶん去年の今頃の自分から見ると異常な日常。もともと若干異常な気はしてたけど、それまでの比じゃない。

それぞれ心身ともに元気じゃないときもたまにはあるし、いつでも穏やかでいられるわけじゃないけど、それもひっくるめて「3人でひとつ」なんだなあって思えるの。そう思ってるのが自分だけじゃないどころか、メケヤマさんとはるじのほうがそこのところしっかり感じてる気がする。

霊性云々の話でいうなら、ヨガやってバガヴァッド・ギーター読んであーだこーだ言ってるわたくし自身が一番低いなあと二人を見ては痛感しています。がんばれほりたみわ。二人に支えられて生きてます。

ツインレイとかトリプルレイとかに執着しない

これだけ書いておいてアレですが、ツインレイとかトリプルレイとか気にしない方がいいかと思います。あとからふと気付いたらそれでしたくらいのほうがいいよね。

ツインレイに会うことを目的にしちゃうと、ツインレイじゃなさそうな人には目もくれなくなって、本来ならそこで育まれるはずのものが育まれないままになっちゃうからむしろツインレイにも会えないみたいなことになりかねないよね。

メケヤマさんに会った時もそんなこと考えなかったし、あとから振り返ってみると「あーソウルメイトかも」って思ってたくらいで、まさかそんなトリプルレイなんてものがあるとも思ってなかったし。トリプルレイの定義みたいなものもはっきりありそうでなさそうだし、どうなのかなって思うけど、実際そんなのはどうでもよくて、当の3人がどういう気持ちでいるか、どう生きていくかが大切だよね。当たり前だけど。

だから、ツインレイとかトリプルレイとか関係なく、一緒にいて穏やかになれる人に出会えたらいいよね。

われわれトリプルレイです!ヤッピー!!!

とてもとても穏やかです、えぇ。

ここまでのツーショット撮れるとは思っていませんでした。

ツインレイ関連記事一気読みしたい方はこちらからどうぞ

【白と黒のウラオモテ】ツインレイはるじとの出逢い

2018.07.20

【白と黒のウラオモテ】はるじの黒龍さんから「かたわれ」に気づいた日

2018.07.22

【白と黒のウラオモテ】「かたわれ」は恋なんてもんじゃない

2018.07.25

【ツインレイ】いつ出会えるの?どうしたら気づけるの?『魂のかたわれ』と巡り合うために必要なこと。

2018.07.26

【白と黒のウラオモテ】ツインレイレイだからそっくり?手、おっぱい…

2018.08.05

【ひげつぶ】ポリアモリーから愛について考え出したらわからなくなった話

2018.10.06

【むがもん】別れも愛のひとつ…「愛」と「別れ」について考えてみた

2018.07.19