【最新充電器レビュー】機能充実の「BQ-CC87」にアレがなかった話

機能充実の「BQ-CC87」にアレがなかった話

最近、台風や地震などの自然災害がほんと多いですよね、僕も災害に備えて色々と見直しを進めています。色々と便利になったものがあるので小まめに見直しが必要ですね。

今回はパナソニックの2019年7月に発売された新型充電器「BQ-CC87」について語ります。7月に発売された最新充電器の遅めレビューです。

「BQ-CC87」は充電器なのにモバイルバッテリーにもなる!

BQ-CC87

BQ-CC87の最大の特徴は、充電器でありながらモバイルバッテリーにもなるところです。

充電池でも乾電池でも4本差し込めばモバイルバッテリーに早変わり!非常に便利。

モバイルバッテリーでもいいんじゃない?とも思いますが、電池のほうがたくさん用意できるし、ライトやラジオに使えて汎用性もあるので、災害時にはこちらのほうが役に立つかと思います。

重要 携帯電話への充電能力は、約0.5回分(1350mAh)くらいとのことですので、空っぽになった電池をいっぱいにできません!!モバイルバッテリー機能メインで考えると物足りません、つまり、モバイルバッテリーは、別に所持していたほうが便利ですね。

まさかのうれしい機能!35ルーメンのライト

ライトがついてる!

BQ-CC87には、防災用としてうれしい機能「ライト」が付いてます。本体のUSB出力に付属の器具をつければ、あっという間に35ルーメン(11時間点灯)のライトに!!

ただ、アタッチメントだと紛失しやすいので、できれば本体に内蔵して欲しかった…!

※モバイルバッテリーとライトがセットになったものもあるので、その点においてはそっちが便利です。

さて使ってみるか…な、なんだって!!

では、うちにある充電池ちゃんたちを充電しますかね…、あれ?どこにコンセントが?

なんだってーコンセントがない!!USBケーブルしかないじゃないか!!

もうそういう時代ですかね、コンセントとUSBをつなぐアダプターはついていません。というわけで、お手持ちの携帯用のものを流用する必要があります。

充電能力は、上から二番目、機能も充実

充電器は、意外にスペックが分かりにくいことで僕の中では有名です。

パナソニック製では、急速充電と通常充電の2種類がありますが、機器によって充電時間が違います。比べ方としては、単三2本を何時間で充電できるかで比べるといいです。最速のBQ-CC85が、1.5時間のところ、これは、2.3時間、通常充電のBQ-CC23だと4時間なので、十分だと思います。

残量チェック機能やセンシング機能も付いているので、最速のBQ-CC85との差は、充電速度だけが少し遅いだけですね。

※サンヨー時代のエネループもエボルタも単三も単四も充電できます。

まとめ 便利だけど…器用貧乏

いろいろと使えて便利だが、器用貧乏であることは否めない。

携帯するとこれ一つで色々役に立ちそうではありますが、ライト付きモバイルバッテリーのほうが蓄電能力も高いしシンプルですっきり。家では、より明るいライトに充電池を使ったほうが便利ですし。

唯一、電池が必要になったときに4本用意できるのが強みですが、早々ないというのが問題点。普段持ち歩いている機器を電池使用のものが多ければ、非常に便利なアイテムになると思われます。