DJ AKKY の人生は選曲だ!(18)ー夏だ!ファンクだ!サイモンガー・モバイルだ!!

夏ですねー。そんな時にはファンクを聞いて踊りましょう。

今回は日本の今聴くべき!なファンクアーティストを紹介します。

サイモンガー・モバイルというファンクユニット。

ファンクです。しかもモバイル。モバイルという言葉から皆さんは何を想像しますか?

クイズではないので書いちゃいますと、ニンテンドーDS、Switchを使った「モバイルファンク」。ドファンク。僕が2020年、もちろん2021年も!一番多く聴いたアーティスト。それが「サイモンガー・モバイル」(プリンス以上に回数聴いていて我ながらビビりました)

スポンサーリンク

サイモンガー・モバイルの魅力その1 インパクト!

メインボーカルのサイモンガーさんと、キーボード&ボーカル担当の嫁モバイルさんのお二人のインパクトはすごい!

サイモンガーさんは、おかっぱで黒髪。これはソウル&ファンクの中級者以上向けでしょう。ネタバラシはここではしないです。

キーボードでボーカル担当の「嫁モバイル」さん。メロディオンを片手にそのサイモンガーさんに向かって右に(たまに左に)。

超キュートな笑顔。癒される…

武蔵小山のAgainにて。

きっかけは5年前のとあるイベントで。

このコラムでは数回ご紹介している(はず)の日本を代表するイラストレーターKazuo Takedaさんと、とあるDJイベントで知り合い、「今度展示会やるから来てよー。最終日はこんなひとのミニライブやるよ。アッキーさん絶対好きになるよ」(確かそんな感じ)というのがきっかけです。

出演時間になってそのお二人がステージにあがるのですが、ファンクじゃなかったのかな?楽器無いじゃん?えええ?ゲーム機で演奏するの???ええええ?でした。

ところが、1曲目2曲目と演奏を聞くうちに、ガチじゃん!すげえ!という衝撃。

スポンサーリンク

サイモンガー・モバイルの魅力その2 知識量半端ない。演奏力すげえ。

曲間のフレーズで言えばそれはそれは「どんだけ音楽聞いてるんすか!」とツッコミたくなるくらいメチャメチャ半端ない知識量。

相当僕も聴いているほうだけれど、軽ーく凌駕されています。サイモンガー・モバイルを聞き込んでいて、とある日、某カフェで流れてきた音楽のソロフレーズが、え?これ元ネタ???誰?知らなかった!どんだけ聴き込んでるんすか!

悔しいので、ソウル、ファンクの曲を調べるわけです。で調べれば調べるほど、あれこれ聞いたことあるな!と彼らが演奏する曲に行き着くという吸引力はブラックホール。

あのアーティストのあのフレーズに”オマージュ”されたフレースが曲にさらっと出てくる。

さらっとは出てこないですよ。演奏力がなければさらっとは出来ないです。

影響を受けているだろうなぁアーティストを、パッと聞きでわかる範囲で書くと、ギルスコットヘロン、カーティスメイフィールド、アースウィンド&ファイア、P-funk、プリンス、久保田利伸、岡村靖幸、はたまたテクノで言えばYMO、クラフトワーク…80年代洋楽ポップスにも精通されているし、特に70年代から80年代中盤くらいのソウルファンクのエキスがたっぷり。他にも漫画ネタ、CMネタ、時事ネタ。

独特の世界観は曲のタイトルにも

「不安定な棚」「トーストになります」「塩でなんとか」「祈電」「IoT」「いぶりがっこ」「カフェの重要性」「トランス脂肪酸」「PDCA」などなど(はい!曲を口ずさんでいるあなたはファンです!)

ギリッギリを攻めて、クスッと笑いを取りながら実は超シニカルでクール。まじでパンクス。かつファンキー。日本語歌詞がファンクサウンドに乗っていて一度聞いたら何度も聞きたくなる。何度も何度も聞き続けて5年くらい経ちます。

スポンサーリンク

聴きたい!という方へ

2014年アルバム「モバイルファンクの頂点」を2018年セカンドアルバム「ズボンのすそが靴に入っていた」をリリース。他にもシングルなどあります。個人的にはそろそろ3枚目か、ベストアルバム的な何かが欲しいなぁー。

ここから買えます。(追加情報:在庫わずかなので入手はお急ぎください!)

https://yomimobile.theshop.jp/

1枚目から頂点。さすがです。

お二人が演奏する姿はYouTubeチャンネルがあります。登録数1060人以上。チャンネル登録した方向けに毎週土曜日21:00頃から生配信しながらメッセージに掛け合いしながら演奏するというファンマーケティングど真ん中、超精力的な活動を続けています。なんと自室からのライブ。毎週楽しみに視聴しています!

視聴者には、アーティストさんやクリエイターさんなどがたくさんいらっしゃっていて、コールアンドレスポンスも半端ない。ぜひ登録をお願いします。

マーケティング時流で言えば、個人クリエイターが今後ソーシャルメディアを使って収益を得る時代が来ると言われていますが、こういう配信活動を続けられる方が今後活躍していくんだなぁと。曲ネタも毎週勉強しています一緒に視聴しながら体験してみてください。

https://www.youtube.com/user/smgfnk

いつか僕が企画するリアルイベントでご出演を賜りたい。ぜひ生で体験して欲しい。

さてDJ AKKY次回のイベント告知。

恒例になりつつある神田イゾルデでのイベント。次回は2021年9月20日(祝/月)です。プリンスのWelcome 2 Americaの発売記念と日本を代表するイラストレーターKazuo Takedaさんの誕生日会スペシャルイベント。

プリンスに限らずP-funkなどもかけていきます。その時の緊急事態次第ですが、ぜひ踊りに来てください。

今回の選曲は

9月20日のためのセットリストを事前に公開。ぜんぶかけられるわけでないし、日々変わっていきますのですが、こんな感じなのねー。ということで。夏にファンク選ぶとキリがないね。

ABOUT US

AkibaRyuji
東京生まれ東京育ち。元水球とラグビーの選手。原宿クロコダイルや本牧ゴールデンカップなど老舗ライブハウスやミュージックバーなどでDJ展開中。得意なジャンルはSoul Music やDiscoMusic。SoulBarをつくるのが夢。