【出展料高くないよ】クリエイターEXPO…自分を見つめるいい機会!

初めてのクリエイターEXPO出展なのにわかったようなことを言います

クリエポ3日間ありがとうございました!初めての出展でしたが、成果と感じたことについてまとめました。

出展して良かったです

結論から言いますと、出展して良かったです。お仕事関係だけではなく、まさかのお友達も含めて、いろんな方にお会いできたし、これまでの自分を見つめることができたし、業界の今がかなり見えて、とても充実した3日間でした。本当にありがとうございました。

お名刺は3日間で25枚頂きました

昨日7枚、一昨日、7枚で、どうにも777を意識しちゃってましたが、最終日は人出が多く11枚頂き、3日間で25枚頂きました。

…と枚数を書いてみたものの、多いのか少ないのかもわからないですし、ここから先どれくらいお仕事に繋がるかもわからないので数字は意味ないですよね。意味あるとしたらここから先のお仕事に繋がった割合…野球でいうなら打率的なところが気になりますよね。1年後あたりに振り返ってみたいと思います。覚えてたらですけど。

冊子について

クリエイターEXPO

ガリガリお配りしない作戦でしたので、500部刷った冊子は半分くらい残ってた気がします。壁にぶら下げてあるタペストリーを見た人の反応でお渡しする感じにしましたがそれで良かったと思います。そこでタッチはわかりますから。

箸にも棒にもかからない人にお渡ししても紙の無駄遣いですし、受け取ってもらえなかったら気力体力無駄遣いですし、受け取って頂けても必要じゃなかった場合、その方の負荷にもなるので良いことないですもんね。

必要とされる方にお渡しできればそれで良いかと。

ただ、見て回っている方って、これは!っていう商談以外はクリエイター探しに時間を費やしたいはずなので、さっとお渡ししてもいろいろわかるくらいな内容があるくらいのきっちりした冊子を作った方が良かったなとは思いました。

イラストもマンガもキャラクターも動画も…みたいな何屋さんだかわからないような人はきっちりした冊子のほうがいいかもしれないですね。それわたくしですけど。

自分の売りはこれだけ!そしてもりもり配る!という方はページ数少な目でも良いと思いますが、わたくしそういう感じでもないので、次回は今よりしっかりした冊子にします。次いつ出るか未定ですが。

制作費について聞かれることも多々あって、それも冊子に書いた方がいいのかなと思いつつ、個人的には金額云々ではない部分でお仕事したいって言ってくれる方とお仕事したいので、書きませんでした。

金額でお仕事したい人って極論絵の雰囲気がひどくずれなければ誰でもいいんですもんね…。

わたくし「ほりたみわとお仕事したい」って思ってもらえるなら出来る限りぐぬぬな金額でもご対応いたします!というスタンスです。そこはわかりやすく書いておけば良かったかも。

お仕事の内容ついて

世の中には楽しそうなお仕事がたくさんありますね。直接お会いして話せた方が早いなっていうような案件が多かったので、出展して良かったです。

漫画家ブースで出していたのでマンガの案件が多かったですが、その中でも動かせるマンガにしたいというお話が多かったです。

絵コンテもそこそこ描けますよってお話したら喜ばれたので、そのあたりもぱっと見でわかるくらいに描いておけばまた違うお仕事もあったのかなと思ったり。とはいえ、絵コンテだけやりたいわけでもないのでまあいっか。

広告のイラストやマンガの案件もちらほらありました。企業キャラクターのお話もあるかもないかも的な。

あとは中国関係の方も多かったですね。市場が大きいとかで。

お金の話

どこまで決まるか未知数すぎなのでなんともですが、○○○万の案件もあるかもないかもあるといいよねという感じでした。

とはいえ、安くやってくれる人を探している感は今日もありました。ご近所さんあちこちお話してる方はそんな感じでした。「安くしたい」というより「あなたとお仕事したいんですが予算が少なくて…」的な相談のほうが同じ低予算でもクリエイターさんのがんばり違ってきますよと思いました。

あとは「料金どれくらいになりますか」というお話もちらほら。金額に関しては条件がいろいろすぎて一概にいくらとは言えないんですよね。やりたい内容を先に出していただけると「あー、それならこれくらいですね」と言えるのである程度の内容をいただけると非常に助かります。内容がざっくりすぎて返答に困ることもありました。そういう時はざっくりの内容とあわせてざっくりの予算を言って頂けると嬉しいですね。(と誰に向けるでもなく訴えてみました)

ブースについて

極論、壁サイズのタペストリーとお渡しする冊子あれば十分じゃないかと。あとはどこまでにぎやかすかですけど、壁面上部に視線行きがちなので、机横には何も置かなくてもいいくらい。壁勝負!!

まあ、どう見せたいかだとは思うので何とも言えないですが、とにかくみんなが見る壁面に入魂すればオッケーな気がしました。

机横がんばったけど、冊子欲しいって言ってくださる方ってほぼ壁で決めてました。

仕事的には出た方が世界は広がります

とはいえ、数年前に出てても同じことが言えたかというと難しいですね。ある程度仕事して実績あるけど、もっとお仕事ください!っていう人向けな気がします。あとはもうちょっとスキルアップしたいけど、どうすればいいのか悩んでたりする人にも良さそう。近隣の人や気になる人に直接お話できますからね。

そういう意味ではクリエイター業界の即戦力がとんでもなく増えちゃっているので、生き抜くのがなかなかハードになってきているのかもしれません。

出展料その他諸々を支払う価値

クリエポに出展するとなんだかんだ15万円くらいかかります。これは見えるお金の部分でなので、3日間お仕事できなかったり、準備にかかる時間的な部分はのぞいてです。でもそれくらい 自分の仕事というか人生にお金をかけて、自分を見つめ直し、いろんなクリエイターと世の中の需要をずっと見ることができて、もしかしたらお仕事ももらえるかもしれないということで考えると全然高くないです。むしろ安い!

だからといって、毎年出ると気が緩みそうなので何年かに一度出るくらいがいいのかなと思いました。

体調管理に気をつけて!

1日だけのイベントなら少々の無理はありかもしれないですが、3日間となると体調管理が重要になってきます。元気に過ごすためにも食事はとりすぎず、出来るだけ普段と同じものを食べるのが良いなと思いました。わたくしりんごジュース(モリンガ入)とドライフルーツとはちみつゆずキャンディで過ごしました。ほぼ通常営業。

クリエポに限らず、こういうイベント全般にいえますが、乾燥とほこりと人が多いので「はちみつゆずキャンディ」が超絶おススメです。空腹も紛れますし、殺菌効果もあるので風邪予防になります。わたくしこの3日間これに相当救われました。

さらに通常より過酷な環境なので2日目からは腸内環境をいつも以上に整えました。おかげで元気に過ごせました。

わたくしヨガと瞑想が習慣になってなかったらきつかったんじゃないかと思いました。気づけば片道4時間でしたし。基礎体力があったり、おうちが近ければ大丈夫かかと思います。

クリエポ終わっても終わりじゃない

その日に出来れば良かったのですが、まあなかなかそうもいかず。お名刺頂いた方々への御礼のメールが残っているので、今日明日でお見積もりや必要な資料をまとめたりします。といいつつ、今日はソーハク桜祭り出展、明日は取材だったりでなかなか時間がとれないですが、土日で助かりました。

クリエポ終わっても終わりなじゃいというか、むしろここからがスタートというか。

まとめ

クリエイターEXPO、毎年出る必要はないような…いや、もちろん毎年出てもいいとは思いますが、一回出ると「その感覚」がある程度つかめるので十分かなと。

実際出展してあちこち観察することで、改善点だったりこれからの自分の方向性が見えてきます。それを今後に活かしていければ作品のクオリティが変わるので、毎年出なくてもどんどん新しいお仕事が来るんじゃないでしょうか。

本当の意味での成果は1年後あたりに振り返ると見えてくるはず。