【映画】マーベル最新作『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』/ちぃろの映画感想文

もう一度、観に行きます。

観に行きます。これはもう確定しています。もう一度、観に行きます。

© 2018 Marvel

2018年4月27日に公開スタートとなった、マーベルスタジオの最新作『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』。マーベル作品が大好きな旦那の強い希望により、公開初日の朝イチで観に行ってきました。
私もマーベル作品は好きな方です。マーベルシリーズは全作品、少なくとも一度は見ています。ここ最近のコミカルな雰囲気漂うマーベル作品は特に好きです。

そんな私と、ゴリッゴリのマーベルファンである旦那のインフィニティ・ウォーへの感想は、「めちゃくちゃ面白い」で一致。本当に「めっちゃくちゃ面白い!!」映画でした。

 

最悪で最高の作品。

インフィニティ・ウォーは、マーベルファンにかなりの衝撃を与える作品だと思います。その証拠に、旦那は観終わった直後のショックが大きすぎて「俺ムリ、もう観たくない」なんてことを言っちゃってました。まあ、この10分後には「もう一度、観よう」って言いだすんですけどね。

そんなインフィニティ・ウォーのあらすじがこちら。

「アベンジャーズ全滅へのカウントダウンが始まる!」
映画史に残るメガヒット記録をし続ける全世界No.1シリーズ最新作がついに始動!

6つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーン。その究極の力を秘めた石を狙う“最凶”にして最悪の敵<ラスボス>サノスを倒すため、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンら最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”が集結。人類の命運をかけた壮絶なバトルの幕が開ける。果たして、彼らは人類を救えるのか?

監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ロバート・ダウニーJr./クリス・ヘムズワース/マーク・ラファロ/クリス・エヴァンス/スカーレット・ヨハンソン/ベネディクト・カンバーバッチ/トム・ホランド/クリス・プラット/チャドウィック・ボーズマン/ジョシュ・ブローリン

(アベンジャーズインフィニティ・ウォー公式サイトより引用)

アベンジャーズ全滅へのカウントダウンですよ。あぁ、思い出しただけでまた観たくなってきた。いやもうこれほんとにね、すごかったんですよ!何がどうすごいかなんて言っちゃうと完全にネタバレちゃうんで言いませんけど、本当に!本当にすごくて!!
これまでのマーベルキャラクター達が大活躍するストーリーはもちろんのこと、映像のかっこよさ、演出、雰囲気、音楽、そして何より全体を通しての喜怒哀楽のバランスの良さが際立ってて、観ている側の感情をそれはもうジェットコースターの如く翻弄してくれちゃうんですよ。

2時間半という長さを感じさせない作品で、観終わった後は興奮で体が震えてました。マジで。ここまで面白いと思った映画は人生初です。こんなにも何かがみなぎっちゃう映画は人生初です。
映画館を出てから10時間経った今でも、こうして記事を書いてるだけでなんか昂ってきちゃって…なんなのよもう!どんだけ弄べば気が済むのよ!うっかりガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのサントラ買っちゃったじゃない!!

あ、そうなんです。今回はラスボスがサノスなんで、ガーディアンズのみんなが大活躍です。少しおっきくなったグルートにも会えるよ!