俺ちゃん大暴れ!『デッドプール2(DEADPOOL2)』/ちぃろの映画感想文

おかえり!デップー!!

TM © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

2018年6月1日から全国ロードショーとなった『デッドプール2(DEADPOOL2)』。前作の公開からきっかり2年ぶりに、俺ちゃんがスクリーンに帰ってきましたね。
我が家は前夜祭に行っちゃったので軽くフライングしましたが、2でも俺ちゃん大暴れでした!

wiki先生によるあらすじ
前作から2年後。ミュータントとなった傭兵のウェイド・ウィルソン(デッドプール)は、麻薬カルテルやマフィア構成員を成敗するヒーローとして活動しながら、ガールフレンドのヴァネッサと共に生活していた。
そんなある日、14歳のミュータントの孤児であるラッセルを狙い、機械の腕を持つ戦士ケーブルが未来から現れる。ケーブルからラッセルを守ることを決めたウェイドは、親友のウィーゼルと共にリクルート活動を行い、ミュータントたちを集め最強鬼ヤバヒーローチーム「X-フォース」を結成し、彼との戦いに挑む。

今作、私は冒頭のシーンでなかなかの衝撃を受けました。あれはちょっとひどいだろ…あんな始まり方ないだろ…
あんなの全然予想してなかったんで本当にショックだったんですけど、「デップーって前作もそうだったな」って思って耐えました。ギリギリ耐えました。

今作は“家族愛”の物語。

前作では「ただ一人の愛する人」と出会い、彼女との幸せのために奮闘したデップーですが、今作では“家族愛”を学ぶことになります。仲間とはなにか、家族とはなにか、人との繋がり・信頼とはなにか…
とかなんとか言いつつも、やっぱり彼女のためなんですよね、デップーが戦う理由って。そこがブレてなかったからオールオッケー!ヴァネッサ大好きなウェイドが大好き!!

“家族愛”って言うくらいなんで、今作にはたくさんのキャラクターが登場します。前作でお馴染みのキャラはもちろん、新しいキャラがジャンジャンバリバリ出てきます。どのキャラもクセが強くて個性的で魅力的。どいつもこいつも笑わせてくれます。
いやもうほんと、基本的に2時間笑いっぱなし。常に口元がほころんでる状態。どんだけエグイ戦闘シーン観てても笑っちゃうんだから、デップーすごいわ。でもちょっとした瞬間に泣かされたりもしたんで、まじで『デッドプール2(DEADPOOL2)』侮るなかれ。

新キャラで個人的に気に入ったキャラは、ドミノちゃん。

TM © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.