【無我人流滑降術】身体を作ればゲレンデに行けなくても最高速度を上げられる!!【スノボ4年生】

スノボジャンキーのみなさ…いや、スノボジャンキーほりたみわに興味津々のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。どうも自称スノボジャンキーのほりたみわです。

自称スノボジャンキー、今シーズン滑ったのまだ6回!なんならリフト23本しか乗ってません!!一回の平均4本以下!

これまでのスノボ人生では考えられないほどに滑っておりません。

ですが!

先日最高速度を更新することができました!!自己最速の56.1㎞/hです!

バイクに乗っている時ですら60㎞/h出すのにヒヤヒヤしてたわたくしが、スノーボードで56.1㎞/hです!

ちなみに、19-20シーズンは45.3㎞/h。そして20-21シーズンが46.8㎞/hでした。ぶっちぎりに速くなったと言っても過言ではないかと思います。

ゲレンデにいる時間が激しく少ないにもかかわらず。

…というわけで。今シーズンほりたみわが一体何をしているのか、お話させてください。

スノボやめようかと考えたりも

ダブルキャンバーの板にヤスリをかけてくれてるはるじ

いろいろとモヤモヤした気持ちのまま終わってしまった昨シーズン。無我人流滑降術のマスターはるじが肉体の衣を脱いでしまったことから、これ以上どうすればいいのかわからなくなりつつも手探りで滑り続けておりました。

はるじから教わったことの復習もやりきれず。
かといって新しい何かを練習する気持ちにもなれず。

はるじがいないままでどうやってはるじになるのか…こんな状態で人生をスノボに捧げてどうなるかもわからないし、はるじが生き返るわけでもないし、もうスノボやめようかな…なんて考えたりもしました。

とはいえ、それくらいのことでやめられるわけもなく。じゃあどうすりゃいいの…どうすりゃいいかわからないまま、瓦職人としてのお仕事を続けながらそっち方向ではるじを追いかける日々でした。(はるじは若い頃瓦職人もやってました)

屋根に上ることで、はるじの身体に近づくべく。

昨シーズンまでの誤り

はるじの滑りを体現するために欠かせないのははるじと同じ身体になること!

その思いを抱えてずっと身体づくりをしてきていましたが、ある日これが間違っていたということに気づきました。

はるじになるためにはるじを目指してたらはるじにはなれないんです。だってほりたみわはほりたみわ。はるじじゃないんですもん。

はるじがこれまでやってきたいろんな動きを、スノボのいろんな動きがわかっていないほりたみわでやろうと思ったら、はるじより動ける身体じゃないと出来るわけない!

はるじがこれまで培ってきたものをほりたみわが再現するためには、はるじを超えないと無理!っていうことにやっと気づいたんです。

でも、それは逆にいえば、はるじを超える身体が作れれば、ある程度はるじには近づけるはず!というわけです。ふはははは!!

ゲレンデより己のコンディション

というわけで、はるじを超える身体にならないことには前に進めない。そうならずに進めたところで頭打ちになるときが必ずくる。

すでに自分の身体に限界を感じていたので、今シーズン…といいますか、昨シーズン終わってからは今まで以上に身体作りに真剣に向き合ってきました。

筋肉とスタミナをつけるため、瓦職人のお仕事をがんばり、食事もこれまで以上に摂るように。これまでストイックに絞り切っていた身体も変えました。屋根にもスノボにもある程度の脂肪が必要でした。

毎朝体組成計に乗って、前日の食事とあわせて記録。自分の身体がなにを食べれば脂肪がつくか、筋肉を落とさずにいられるかもそれなりに把握しました。

しかし残念なことに、その食生活では心身共に健やかではいられませんでした。気分の落ち込みというか疲労感というか、謎にダウンする日が増えてしまったんです。

そこで、お休みがちだったヨガ18ポーズを復活。肉と魚を摂取するのをやめ菜食に。オートミールクッキーのレシピを変更し、米と小麦と砂糖もできるだけ摂取しないように。

食生活を変えたことで体調面はすこぶる好調。ヨガもこれまでの人生で一番の柔軟性と安定感がもたらされました。

そうして今シーズンは滑ることよりもあらゆることからの土台づくりを最優先。お天気が良くても自分のコンディションが整っていなかったら滑りには行かないことに。

はるじを超えてはるじになるんだ。

最高速度を上げる

はるじが教えてくれていた時の課題の一つに「最高速度を上げる」というものがあったんですが、これがなかなか上げられず。

冒頭でも述べましたが、19-20シーズンが45.3㎞/hで、20-21シーズンが46.8㎞/hだったんです。18−19は測定してなかったですが、スノボデビューの年なので速いわけもなく。

20−21シーズンはかなり身体を作って挑んだのですが、前シーズンと比較して3%増し。

速度を上げるための身体の使い方もあるんだろうけど、それができる身体じゃないのもわかってる。だから昨シーズンまであの速度だったんだし。そこを無理にやると怪我につながるだけ。

そうならないために、これまでよりも柔軟性と筋肉とバランス感覚を向上させました。結果、滑りで何かを意識したわけでもないのにあっさり最高速度更新!

前シーズン比16%増し。

正確にいうと、速度上げていこうと思って滑った1本目で52.2㎞/hを達成。後日さらに更新して56.1㎞/hでした。

これまでのシーズンはあんなに滑り散らかしたのに。身体を作ることの大切さよ。

まとめ 身体ができればスノボができる

はるじに教わったいろいろをもっと自分のものにするためには、練習することももちろん大切ですが、それができるようになる身体作りが一番大切だなあと痛感しました。

練習しても上達しないのは練習のやり方に問題があるのではなく、身体にも問題があるのかもしれないですね。

まだまだ今シーズンもはるじになるべく精進いたします!

余談ですが、昨日たいして速度を出していなかった瞬間にうっかり転けて、まさかのヘルメット破損。しかも謎にだいぶ頭部を強打してしまったようで、軽い脳震盪のようなことに。これが限界まで速度上げて転がった日には…。

これまで以上に速度が出せるようになってきた今、これまで以上に安全に気をつけて滑りたいと思いました。

安全に滑るためにも身体作りは大切。

スポンサーリンク
ABOUT US
ほりたみわ
クリエイター(イラスト、漫画、熊手、ヒーリング、瓦職人) チーママをやっていたスナックランデブーは閉店しました。ときどき企画&プロデュサー。どこにも偏り切れないカラフルな人。