間もなく最新作公開!『デッドプール(Deadpool)』/ちぃろの映画感想文

『デッドプール2』6月1日公開!

新作の公開を明日に控えたタイミングで、大好きな『デッドプール(Deadpool)』の感想文を書いてみることにしました。
というか、2を観に行くにあたって復習のためにDVDを観たことで、デップー愛が再燃。

 

X-MENシリーズ初のR指定作品。

『デッドプール』は、2016年6月1日に日本で公開され、我が家は公開初日に映画館へ観に行きました。
例の如くマーベル大好きな旦那の推し映画で「絶対面白いから!」とグイグイ推されたものの、私と旦那の映画の趣味は合うようで合わないのが常でしたから、そこまで期待はしておらず…

デップー、まじ最高だから観て。かわいくて強くて愛にまっすぐな俺ちゃん大好き!!

wiki先生によるあらすじ
ニューヨークでトラブルシューターをしながら日銭を稼ぎ生活している傭兵のウェイド・ウィルソンは、高級娼婦のヴァネッサと出会い交際し始める。愛し合い結婚の約束をしたウェイドだったが、突然意識を失い病院に運ばれた結果末期がんと診断される。

ウェイドは親友が経営している酒場に来たリクルーターの男の誘いに乗り、がんの治療と引き換えに極秘の人体実験の被験者となることを決める。それと同時に、ヴァネッサの前から姿を消す。ウェイドは施設でフランシス・フリーマン/エイジャックスというミュータントの男から、DNAに潜んでいるミュータント遺伝子を活性化させる血清を投与され、突然変異を誘発する為に拷問を受ける。ウェイドの細胞は変異し、驚異的な治癒能力を手に入れるが、引き換えに全身が火傷を負ったように爛れた醜い姿に変異した。フランシスの側近からマッチを奪い、意図的に火事を起こして施設から脱出したウェイドだったが、ヴァネッサが醜い自分の姿を受け入れるとは思わず、再会を避けて盲目の老婆アルの家に居候する。フランシスの言った言葉を頼りに元の姿に戻るため、自作の赤いコスチュームと赤い覆面を身につけて、酒場で行われていた死人が出るかどうかの賭けである「死の賭け(Dead Pool)」に由来し、傭兵デッドプールと名乗り、フランシスと組織につながりのある人物を襲撃する。

ストーリー全体を要約すると「幸せの絶頂でどん底に突き落とされて恋人の元を去った男が、恋人のために戦う話」です。
愛する人のために戦うってのが私のツボを刺激しましたよね。やっぱりね、世界のために戦う男より、愛する人のために戦う男が好き。

R指定になった理由ははっきり認識していませんが、たぶん「描写がエグイ」のと「性描写が多い」からじゃないかな?そこがいいんだけど。
グロいのとかちょっぴり生々しい性描写が苦手な人は嫌悪感を抱くかもしれませんが、ほとんどの人が笑えるレベルじゃないかなと思います。そこは個人差あるからわからんが。