山梨県民の憩いの場所、富士アイスで「じまんやき」を食す

山梨県民の憩いの場所とは富士アイスである!

先日、会社のマダムと大判焼き(今川焼など呼称は様々なやつ)の話題で盛り上がった結果、思わず食べたくなってきた私は、山梨県民にお馴染みの「富士アイス」に行ってきました。

富士アイスとは甲府市に本店があり、山梨県や長野の方にも店舗を持つ、知る人ぞ知る飲食店である。

今回は「富士アイス西店」にお邪魔しました

じまんやき

外観からも分かると思うが、社名にアイスと入れておきながら、このお店の最大の売りは、「じまん焼き」(大判焼き、今川焼)なのである。私の理解としては、店頭でじまん焼きを買って帰るしかないイメージだったのだが、マダムの情報によると「ラーメンとか軽食も充実している」とのことだったので、今日は店内に潜入することにした。

メニューはお店ごとに違うらしい

初潜入だったので、店のルールが分からなかったが、着席後にオーダーを取ってくれるスタイルでした。料理の方は、お値段も味も手ごろな感じで、庶民的な親しみを感じる。

空腹だったので、タンメンを注文して食べた写真忘れた。写真を撮り忘れたものの、特筆すべき味でもなかったのでよしとしておこう。

ただ、富士アイスと甘味が社名になっているくらいだから、ラーメンよりも甘味が重要である。

自家製あんをベースにした、シンプルなレパートリーであるが、破格のじまんやきセット(260円)がヤバい!スターバックスのコーヒーよりも安いのにじまんやきが付いてしまう。

しかし、このお店のじまんやきはあずきかしろ(白いんげん豆のあん)の2種類しかない。アレ?カスタードも売ってた気がしたんだが??調べてみるとお店ごとにメニューや値段も違うらしい。富士アイスといえども入ってみるまで分からないシステムだった。

じまんやき

余談ですが、写真右上ふわふわは我が家のじまんやきぴよすけさん。富士アイスじまんやきに負けないほどとても香ばしい香りがします。

ここでは5個セット(400円)が最小販売単位みたいだったので5個買いました。食事をすれば一個売りしてくれるようです味については、裏切らない美味しさ、流石に安定感があります。

個人的にはカスタードも食べたかったのですが取り扱いがないとは完全に富士アイス初心者でした。次回、リベンジしたいと思います。

ラーメンや軽食もあり、そして何よりもじまんやきのおいしさにほっとする憩いの場所、富士アイス。富士アイス初心者が言うのもなんですが、山梨に訪れた際にはぜひ突入して頂きたいお店です。