DJ AKKY の人生は選曲だ!(27)4月はお約束。プリンス追悼特集 

むがじん4月号恒例のプリンス特集です。

むがじんでは過去2回プリンス特集。

一昨年は

PRINCE プリンス

プリンスの各年代(80年代から90年代、2000年代)と曲や歌詞の変遷、セクシャルな内容から、社会課題解決に向けてのアクションや、提言など視座の変遷、そして影響を受けたアーティストを軽く(といいつつ、「沼」)紹介という内容でした。

昨年は

僕が聴き始めたきっかけや、彼の歌詞をネイティブで聴くことはどういう事なのかを書いていきました。

今回は演奏者としてのプリンス、そして国内のアーティスト紹介、そしてイベント告知

今回は演奏者としてのプリンスを取り上げます。それは「ピアノ」「ギター」「ベース」を演奏するプリンスです。

プリンスが演奏できる楽器は、20種類以上とも30種類以上とも言われています。

ギター、ベース、ピアノ、シンセサイザー、ドラム、その他様々。
裏話では、ホーン系は出来なかったがゆえに、そのパートをシンセサイザーで代用。後に、ミネアポリスサウンドと呼ばれるジャンルを作り出します。

ここでは皆さんが馴染みある楽器の代表であるピアノ、ギター、ベースを演奏するプリンスを紹介し、プリンスの魅力を紹介していきます。

ピアノ

1983年のNewYorkでのライブにて。(画像・音ともに粗いです)

そして生前最後のツアーとなった2016年「A Piano and A microphone」

プリンスは元々ピアノから楽器を始めたらしいです。生涯最後のツアーとなった、「A Piano and A microphone」では、それまでのヒット曲をピアノアレンジ。

聴き慣れたはずの曲なのに、イントロ聴いてもすぐにわからない。ひょっとして…。この曲?うわすごいアレンジがすごい!な感じがショーの開始から最後まで続きます。

ギター

2004年ロックの殿堂でのプレイ。曲はThe Beatlesで
「While My Guitar Gently Weeps」全然”Gently” じゃない熱いソロが聴けます。

エモーショナルなギターだけでなく、いわゆるエレアコ1本で観客と一体になるのがこちら会場に居たかった。大きな会場だけでなく、観客の顔が分かるような会場でハートをがっちり掴むのはさすがですね。

2004年 Live At Webster Hall

ベース

1988年BATMANの収録曲「partyman」スタジオ内で。一瞬手元が映ります。まぁ凄い。かっこ良すぎる。ため息しか出ません。

昨年発表されたWelcome 2 America Tour (ツアー時代は2011年)

おまけ。必見。僕が大好きなドラマー。John Blackwellとの阿吽の呼吸。

半端ないグルーヴ。生で見たかった。Musicology Live 2004ever

どの映像もプリンスの魅力は伝わりきれないと思いますが、みなさんいかがでしたでしょうか。

さて日本人アーティストでプリンスを演奏する方々の紹介。

groovyname、Pringo and The Confusion、FREEFUNK,そしてサイモンガー・モバイル。
共通しているのはプリンス愛が半端無い。しかも全員が全員演奏力半端ない(めちゃめちゃ上手い。)

groovyname profile

約15年程活動していた「今夜はちょっとよいたいの…。」というFunk Rockバンドを経て2016年5月からソロ活動としてgroovynameというグループ名でライブを20本以上。都内で活動中。

4月8日オリジナル7曲入りアルバム「groovyname 3枚目」を配信開始。バンドメンバーは流動的で定期的なライブ活動はしていないものの、YouTubeでPrinceの楽曲等の演奏解説やgroovynameオリジナル曲の配信等で曲を紹介しながら実際に弾きながら解説しています。

いやはや「解説しながら」「演奏する」って考えただけでも難しいのにサラッと演奏されています。
ピアノ、ギター、ピアノとマルチ演奏者。じっくりご覧くださいませ。

ピアノ

Princeにもあったカノン進行の名曲たち 笑
カノン進行。さすがです。

ギター

カッティングギター解説 アルバム1999のカッティングを紹介

ベース

最新作 Welcome 2 Americaもじっくり解説

groovynameYouTubeチャンネルはこちら。ぜひ登録を

https://www.youtube.com/user/ontheone69

Pringo and The Confusion profile

2016年4月21日にprinceが死去し、追悼の為に急遽バンド結成を決意。1ヶ月後の5月に1st LIVEを行いその後メンバーチェンジを繰り返し過去3回のLIVEを経て現在に至る。衣装、ステージング、演奏、全てにおいてprinceをより忠実に再現するスタンスで活動するPrince tribute band。

フロントマン PringoによるPrinceのギター紹介(MADCAT、CloudGuitar、SymbolGuitar)
プリンスの代表的なギターを3本持ってるってすごい。

Prince エフェクター&弾き方講座。
音をどう作るか。めちゃめちゃ参考になります。

2022年2月20日のGIGハイライト

Pringo and The Confusion YouTubeチャンネルはこちら。ぜひ登録を

https://www.youtube.com/c/PRINGOTHECONFUSION-PrinceTribute

FREEFUNK profile

世界をファンクで一つにするべく、P.FUNK直系サウンドをベースに極東発オリジナル・ファンクを追求しつづけるファンク集団FREEFUNK。

1996年結成。
現在も精力的に日本を”アース・ツアー”しつづけ、本家P.FUNKのジョージ・クリントンやブーツィ・コリンズからも称賛を受ける。ライブでは飛入りやゲスト客演も迎え、まさに”ワン・ネイション”な展開になるのが恒例。「フリーファンク・シャトル」を操り、会場に集う人々を乗せてファンクとともに果てしなく打ち上がる事を信条としている。

リーダーのFREEFUNK艦長( Vo, G)は、近年はPurple Night Generationというプリンス・トリビュートバンドで定期的にライブも開催している。

official website

freefunkmusic.com

2021年、Purple Night GenerationのPrince Tribute Liveの模様はこちらです

■FREEFUNK YouTubeチャンネルはこちら。ぜひ登録を

https://www.youtube.com/c/freefunkmusic

2022年Prince Tribute Liveにも参加されますので、ぜひ生でご体験ください。

Live

サイモンガー・モバイル profile

手のひらサイズのガジェット楽器を駆使して最小規模のファンクを夫婦で演奏するユニット。2008年結成、年間平均20本ほどのライブを行って来たが、コロナ禍の影響で2020年4月よりYouTubeでの自宅ライブ配信「サイモンガー・モバイルの最重要カフェ」を開始、現在に至る。

毎週土曜日21:00からの自宅ライブ配信はYouTubeから配信。2022年4月2日では通算88回目!

その第58回目。1曲目はプリンスファンには堪らない曲。また配信の後半最後の曲もプリンスファンは必聴です。(全編通しでお楽しみください〜)

現在3枚目のオリジナルアルバムを制作中とのことです!超楽しみ!

2022年Prince Tribute Liveにも参加されますのでぜひ生でご体験ください

https://freefunkmusic.com/live/

サイモンガー・モバイル YouTubeチャンネルはこちら。ぜひ登録を

https://www.youtube.com/user/smgfnk

僕が出来る事

2016年4月21日プリンスはこの世を去りました。

早くも6年が経過していますが、いまだに心の傷は癒えていません。その時の喪失感というか、愕然となった気持ちはまだ記憶に新しいです。

その時に感じた思いは、いつまでも凹んでいるのではなく、DJとして出来ることを考えながら他界した数日後に開催されたイベントで廻しました。ぶっちゃけめちゃめちゃ泣きたかったけど堪えたよ。

出来ることをするしかないからね。

出来ること。それは「伝え続ける」事。

むがじん毎年4月のコラムでは、プリンスが伝えたいことは一体なんだったのかを検証して確認する時期。

特にこの1年は今回のコラムで紹介した4アーティストから刺激を受けました。

活動を続けることで、誰かが何かのきっかけで彼らのライブや、僕のDJイベントに来てプリンスを知り、そしてその人がプリンスを伝え続け、ファンが1人でも多くなるなら、きっとプリンスはずっとずっと語り継がれていく存在になると思います。

残りの人生が何年あるかは誰にもわかりませんが、DJとして進むべき道はまだまだ長いと思っています。そのためにも会える時に会いましょう。

ってことで、お待たせしました。 DJ AKKY活動再開です

2021年11月以降諸事情でDJ活動を停止してました。年末タイミング合わなかったり、やむ無く開催中止したり。

ですが!ですが!ですが!

お待たせしました。2022年活動再開です!

選曲!選曲!選曲!そして大音量でプリンスを聴いて、踊って楽しんでください!

はい。直近のイベントはこちらです!

4月17日 (日) Freefunkプロデュース プリンストリビュートライブ 渋谷nob DJ参加

https://shibuya-nob.com/2022/04/17/?post_type=liveinfo

4月26日 (火) Pringo and the confusion プリンストリビュートライブ 横浜サムズアップ DJ参加

https://www.stovesyokohama.com/2022/04/?post_type=thumbsup_live

オープニングアクトとしてliveをを盛り上げますので、ぜひご参加くださいませ!
お申し込みはお早めに!お待ちしてます!

***4月22日(金)Planet Earth で急遽決定!InstagramやTwitter、Facebookページで速報中!

お約束セットリストは、4月17日と26日にかける予定の曲群から抜粋。

当日はリクエストを(極力)受け付けます。DJブースまでお気軽に!

スポンサーリンク
ABOUT US
AkibaRyuji
東京生まれ東京育ち。元水球とラグビーの選手。原宿クロコダイルや本牧ゴールデンカップなど老舗ライブハウスやミュージックバーなどでDJ展開中。得意なジャンルはSoul Music やDiscoMusic。SoulBarをつくるのが夢。